無断でペットを飼ってしまった

住まいに関するトラブル

無断でペットを飼ってしまった

ペット

意外に多いトラブルなのが、「ペット不可のマンションであるにも関わらず、ペットを飼ってしまった」というもの。
これがかなり多い様で、「ペット不可の賃貸物件で動物を飼ってしまい、トラブルになってしまった」「賠償金などを払わなくてはいけないのだろうか」などという悩みを見ることができます。
では、無断でペットを飼ってしまった場合、どういったトラブルの発生が予測できるのでしょう。

ペットを飼ってはいけない理由

賃貸物件で「ペットを飼ってはいけない」としているには、それなりの理由があります。
まず、部屋に臭いがついてしまうというもの。

動物には独特の臭いがあり、室内で飼うとどうしてもその臭いが部屋についてしまいます。
このペットの臭いというのは案外取れない物で、壁紙を天井まですべて張り替えなければならないこともあり、場合によってはそれでも臭いが残ってしまう可能性も。
臭いが残ると、次の入居者に物件を貸すことが難しくなりますので、その分「家賃を値引く」などして、対応を迫られる可能性も出てきます。

これは、貸主にとっては大きな損になってしまうでしょう。
ペット可の物件であっても、爪とぎをして壁を傷つける可能性がある猫は「不可」になっていることも多く、住宅で動物を飼うことがどれだけ難しいかが伺えます。

ペット不可の物件でペットは飼わない!

基本、「ペット不可」となっている物件でペットは飼わないことが原則です。
ペット不可の物件入居している人の中には、動物アレルギーがある人などもいますので、そういう人にとっては「死活問題」になってしまう可能性も。
アレルギーは、酷いと死に関わる可能性がありますので、注意が必要なのです。
その様なことを考えれば、ペット不可の賃貸物件で「ペットを飼う」などという非常識なことが、簡単にできるはずがありません。
ペットを飼う側にとっても悪気はないのでしょうが、そのことによって他の人に大きな迷惑をかけてしまうのです。

最悪、退出になります

無断でペットを飼ってしまった場合、最悪「退出」になる可能性があります。

ペットをどこかに預けたとしても、「もう部屋を出てください」と言われることも多いですし、またペットを飼ったことで、修繕費用も全額借主の負担になるかもしれません。

ペットを飼ったあとの部屋は消毒をしなければなりませんし、柱の交換をしなければならないこともありますので、修繕費はとても高くなる可能性があります。

それでも、黙ってペットを飼ってしまった以上、「文句は言えない」というのが実情の様です。

Back To Top
    © 2013 - 2019 住まい(不動産)の悩み百全 All Rights Reserved. | サイトマップ